漫画人のためのコミック・同人誌プロフェッショナルショップ COMIC ZIN のWEBサイト

最新5件
2017年6月の商業作品販売ランキング
2017年5月の商業作品販売ランキング
2017年4月の商業作品販売ランキング
2017年3月の商業作品販売ランキング
2017年2月の商業作品販売ランキング
TOP > COMIC ZIN 日記 ( 最新10件 )

COMIC ZIN 日記

2017年6月の商業作品販売ランキング
2017/07/05
【売上ランキング】

1年の半分が過ぎ、早速台風も来たりして、
いよいよ季節は夏に向かってまっしぐら、というところですが
皆さん暑さや湿気に負けず元気でいらっしゃいますでしょうか。
体調はともかくとしてこう湿気が多いと紙によっては
本が反っちゃったりしますから注意ですね。
あとね、変な虫が湧かないようにご注意を。

さて。そんなところで6月のCOMICZIN 商業作品販売ランキング上位30を発表いたします!

1:『NEWGAME!』6巻 得能正太郎(芳文社)
2:『終末のハーレム』3巻 宵野コタロー/LINK(集英社)
3:『モーターサイクルメモリーズ』せきはん(アース・スターエンターテイメント)
4:『ダンベル何キロ持てる?』2巻 MAAM/サンドロビッチ・ヤバ子(小学館)
5:『正しいスカートの使い方』 位置原光Z(白泉社)

6:『ポプテピピックSECONDSEASON』 大川ぶくぶ(竹書房)
7:『エルフさんは痩せられない。』1巻 シネクドキ(ワニブックス)
8:『こみっくがーるず』3巻 はんざわかおり(芳文社)
9:『ゆるゆり』15巻 なもり(一迅社)
10:『やがて君になる』4巻 仲谷鳰(KADOKAWA)

11:『くーねるまるた』12巻 高尾じんぐ(小学館)
12:『はやて×ブレード2』5巻 林家志弦(集英社)
13:『ルーツビア』1巻 ルーツ(アース・スターエンターテイメント)
13:『レーカン!』8巻 瀬田ヒナコ(芳文社)
15:『はぐれアイドル地獄変』5巻 高遠るい(日本文芸社)

16:『らいか・デイズ』23巻 むんこ(芳文社)
17:『彼女中』 黒咲練導(白泉社)
17:『ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~』
  余湖裕輝/ブラッドレー・ボンド+フィリップ・N・モーゼズほか(KADOKAWA)
19:『箱入りドロップス』6巻 津留崎優(芳文社)
20:『鉄鍋のジャン!!2nd』1巻 西条真二(KADOKAWA)

21:『トクサツガガガ』10巻 丹羽庭(小学館)
22:『フラウ・ファウスト』4巻 ヤマザキコレ(講談社)
23:『熊西美術部らふすけ先輩』1巻 おにお(講談社)
24:『蒼き鋼のアルペジオ』14巻 ArkPerformance(少年画報社)
25:『幼女戦記』6巻 東條チカ/カルロ・ゼンほか(KADOKAWA)

26:『ぬむもさんとんぽぬくん』 粟岳高弘(駒草出版)
27:『スロウスタート』4巻 篤見唯子(芳文社)
27:『官能先生』1巻 吉田基已(講談社)
29:『理系が恋に落ちたので証明してみた。』2巻 山本アリフレッド(フレックスコミックス)
30:『大上さん、だだ漏れです。』1巻 吉田丸悠(講談社)

(敬称略。集計期間:6/1~6/30。雑誌・同人誌は除く)

個々しばらくずっと人気タイトルがランキングを席巻する事が多かったですが、
なんと6月は1巻目・単巻タイトルが10作品もランクインしています!
もちろん実績のある作家さんの新規タイトルも多いですが、
それでもこうやって新規作品が元気だと活気が感じられて楽しいですね!

注目は完全新規で7位にランクインした
シネクドキ先生『エルフさんは痩せられない。』(→試し読み
エルフの体が細いと誰が决めたんだ。
と言わんばかりの肉々しいボディになってしまったエルフさん。
スレンダーボディーを取り戻すための彼女の戦いが始まる!
……のですが、この人たち痩せるためじゃなくて、さらに食べる為に運動してません?
こだわりの肉描写にも注目です!

そして23位のおにお先生『熊西美術部らふすけ先輩』。(→試し読み
見られることが気持ちいい、視線にゾクゾクしちゃう先輩がかわいい&エロいと大評判。
同じく6月発売になったおにお先生のもう一つの新作『ユキトスミ』(REXコミックス)も絶好調ですが、こちらは発売日(27日)の関係で惜しくもランクインならず。
竹書房さんからこの後出るであろう『ふたりのじかん』にも注目ですね!

30位の吉田丸悠先生『大上さん、だだ漏れです。』(→試し読み
思春期は誰しも人には言えないアレな妄想が頭の中に渦巻いているもの。
それがふと、人に開陳されてしまったら――。
エロ妄想でパンパンに膨れ上がった女子・大上さんと、
触れた人の思考を本人の意志とは無関係に吐き出させてしまう柳沼くんとの出会い、
一体どうなってしまうのか――!?
隠したいのに隠せない、触りたいのにさわれない、可笑しくももどかしいリビドーラブコメです!

以上、個人的にもとてもおもしろい順位になったな、
と感じたCOMICZIN6月の販売ランキングでした!

[ 担当:長 ]