漫画人のためのコミック・同人誌プロフェッショナルショップ COMIC ZIN のWEBサイト

最新5件
2017年4月の商業作品販売ランキング
2017年3月の商業作品販売ランキング
2017年2月の商業作品販売ランキング
2017年1月の商業作品販売ランキング
2016年12月の商業作品販売ランキング
TOP > COMIC ZIN 日記 ( 最新10件 )

COMIC ZIN 日記

スタッフおすすめ作品:中野でいち先生『hなhとA子の呪い』(リュウコミックス)
2016/04/21
【スタッフおすすめ作品】

今回紹介するのは、中野でいち先生『hなhとA子の呪い』(リュウコミックス)。

ファイル 209-1.jpg

世界を救う切り札になったり、
なんとなく素晴らしい至純の価値観として掲げられることの多い「愛」。

人間の繁栄に不可欠ながら、
なんだか汚らわしいもの・隠すべきものとして扱われている「性欲」。

これはそんな「愛」と「性欲」に翻弄される者達の物語です。


■性欲を否定する男■
主人公の針辻真はブライダル企業の若き社長。
性欲を真実の愛を障害となる「人類が捨て去るべき最低最悪の呪いだ」と断じ、
「私の中には性欲なんて一滴もありはしないさ」と言い放ちます。

自分の信じることに一切に疑問も揺らぎもない、傲岸不遜な、
でも何だかちょっとアンバランスな男。

そんな彼が結婚相手に選んだのは彼の秘書を務める南雲女史。
彼女は何度も針辻からのプロポーズを断っているようですが、
ただ彼のことは嫌いではないようで――?

■愛の呪縛と性欲の開放■

そんな性欲全否定の針辻の前に現れた謎の幼女・A子。
絶対の信念で性欲を否定する彼の耳に

「その信念は嘘だ」
「本当は南雲とセックスがしたいだけでしょう?」

と繰り返しささやきます。

数々のエロ妄想を掻き立てる囁きに反応する体。
針辻の信念は少しずつ崩れ、やがて完全に崩壊します。

自分の愛は偽物だったのか。
周りの女はみんな淫乱なんじゃないか。
そんな性欲を否定してきた自分が薄汚れた人間じゃのではないか。

「もはや俺にはあらゆる事がエロいか逆にエロいかとしか思えない…」

愛に囚われた男が吐露した悲痛な自己否定。

A子の言葉によって狂っていく針辻の姿は滑稽でもあり、
そしてこの上なく痛々しく、そしてどうしようもなく悲しくて、
読むものの心にグサグサと刺さってきます。

彼の崩壊過程でのサイケデリックで酩酊感あふれる
まるで悪夢のような演出もすさまじいインパクトです。

■愛と性は切り離せるのか!?■
常人では切り離せないからこそ、誰もがなんとなく
「バランスが大事」的ななあなあで済ませてしまっている「性欲」と「愛」。

これを峻別してしまった故に生まれる
針辻の苦悩の先には何があるのか――。
これはめちゃくちゃ気になります。

そして、おかしくなってしまった針辻をめぐる南雲とA子二人の女。
どちらもアプローチは異なれど針辻を心配しているようですが――。
ともに針辻と過去に関りが深かったようですが一体何が。
この辺はコミックスを読んでいただいて、そしてこれから先の展開に注目ということで。
彼女たちの存在は針辻にとって祝福なのか、それとも呪いなのか――。


表裏一体の愛と性。
それに縛り付けられ、囚われた男が演じる悲喜劇。
『hなhとA子の呪い』、オススメです!

◆試し読みはこちらから(COMICリュウ 公式)◆
■『hなhとA子の呪い』1巻 通販はこちら(特典付き)■


~~中野でいち先生の別作品もおすすめ~~

中野でいち先生の前作『十月桜』も人の心の光と闇を描いた傑作。
こちらもとっても面白いのでぜひ!
ファイル 209-2.jpg
■『十月桜』通販はこちら(特典付き)■

そしてtwitter発表されていた脳内エッセイシリーズ
「後輩ちゃんに聞いてみよう」『コミックリュウ』のWebで連載化
読むた人に我が身を振り返ってぐえー! とせしめるエグい、でも笑ってしまう刺突系エッセイです!

[ 担当:長 ]
スタッフおすすめ作品:藤本正二先生『終電ちゃん』(モーニングKC)
2016/03/30
【スタッフおすすめ作品】

今回のおすすめ作品は、1巻が先日発売になったばかり、
藤本正二先生『終電ちゃん』(モーニングKC)です!

ファイル 207-1.jpg

■終電に乗る人の心強い味方・終電ちゃん■

仕事に、飲み会、プライベート。
夜遅くまで頑張って一日を終えた人々を最後に送り届ける最終電車。

そんな最終電車の上に乗って現れるのが終電ちゃん。
小さな女の子の姿をした彼女は、疲れた人を叱咤激励しつつ、
混雑をしっかりと捌きながら終電に乗せていきます。

本作はそんな終電に乗る人々と、
それを見守り続ける存在「終電ちゃん」とのドラマを描いていきます。


■厳しくて優しい終電ちゃん■

終電に乗る人達は皆疲れていたり酔っていたり、
あるいは何か事情を抱えていたり。

終電ちゃんはそんな乗客たちに

「さっさと乗りな!」
「二度と終電なんか乗るんじゃないよ!」

と強い口調で言葉をかけつつ、
終電で帰れなさそうな人や、忘れ物をしてしまった人、
何らかの事情で帰りたくない人、
そういった乗客たちを決して見捨てません。

接続をギリギリまで待ったり、駅員さんとケンカまがいのやり取りをしたり、
雪に凍え苛立つ乗客たちの怒りを一身に集めたり。

言葉使いは荒っぽくて厳しいけど、
彼女は「終電ちゃん」としての職務を果たすべく、
客全員がちゃんと家に帰れるように、
帰って幸せな眠りにつけるように常に心を砕いているのです。


その証拠に終電ちゃんが乗客一人一人に呼びかける時はいつも「名前」。
ずっと見ているから、みんなの名前をちゃんと知ってくれているんです。

そんな風に下の名前で呼びかけながら、
厳しくも親身に乗客たちに接する終電ちゃんは
まるで「お母さん」のような存在です。

一日を頑張った乗客たちと、その事をきちんとわかっていて
乗客を大切にする終電ちゃん。

両者の間に生まれる深夜のドラマは、どこか切なさもあるけれど、
とても暖かくて、心をギュッっと掴んできます。


■路線ごとに個性的な終電ちゃんたち■

本作の主役は日本で一番遅い終電となる「中央線の終電ちゃん」ですが、
他にも、ちょっと気位の高いお嬢様タイプの山手線の終電ちゃん、
おっとりした小田急の終電ちゃんなど、他の路線の終電ちゃんたちも登場します。

それぞれに個性的な終電ちゃん。彼女たち同士にも相性があったり、
そのやり取りもまた一つの見どころ。

今後他の路線の終電ちゃんも出てくるかも? ということなので
どんな終電ちゃんが出てくるかも楽しみですね。

終電に良く乗る人も、そうでない人も、きっと終電ちゃんに会いたくなる。
そんな素敵に優しい作品です。
おすすめ!

◆「終電ちゃん」の試し読みは講談社「モアイ」から◆
■『終電ちゃん』1巻(イラストカード特典付き)通販はこちら■
■藤本正二先生先生の同人誌も取扱中!■

[ 担当:長 ]
スタッフおすすめ作品:高津ケイタ先生の『おしかけツインテール』(まんがタイムコミックス)
2016/03/16
【スタッフおすすめ作品】

今回紹介するのCOMICZINスタッフのおすすめ作品は
高津ケイタ先生の『おしかけツインテール』(まんがタイムコミックス)です!

ファイル 205-1.jpg

■女子高生が家にやってきた■
広い日本家屋に暮らす引きこもりのトレーダー・俊郎。
彼のもとに親戚の美人母娘が居候することに。

年頃男女が一つ屋根の下に――ということに!

でも生活力のない俊郎と、お仕事で忙しいお母さん(生活力ほぼゼロ)
の世話をするために、花梨ちゃんの極限まで高まった
おかーさん力が発揮される日々が始まるのだった!

■花梨ちゃんは我々の母になってくれるかもしれない女性だ■
料理も完璧、お買い物も値切りも半端ない、掃除洗濯もバッチリ!
おまけにしっかりもので世話焼きな性格で、事あるごとに俊郎にはお小言を……
って完全におかーさんだコレ!

ちっちゃな体に無限のおかーさん力を秘めた花梨ちゃん。
彼女にお世話されたい、叱って欲しいと思う男子は多いはず!


■でもやっぱり歳相応の女の子なんです■
そんなおかーさんな花梨ちゃんですが、やっぱり歳相応の女子高生。
アイスが好きだったり、洗濯物の下着を見られて恥ずかしがったり。
しっかり者だけどそんな素の一面を時折見せてくれるのが大変かわいらしいのです。

自分がしっかりしなくちゃ……という彼女のちょっと頑な気持ちは、
だらしないけど優しい俊郎と、
私生活はダメだけど愛あるお母さんとの触れ合いの中で
徐々にほぐれていって、歳相応の彼女の自然な表情が見えてきます。

学校でも、個性的な友人たちとのやり取りの中で
家で見せるのとはまた違う「女子高生」の姿を見せてくれて
そちらもまた比類なくキュート。

そんな風におかーさん力の高さと、真面目さゆえの不器用さ、
そしてそこからかいま見える自然な女の子の表情。
全部ひっくるめて「花梨ちゃんかわいい!」を存分にするといいと思いますよ!
あと、「家族ってあったかいなあ…」を強く感じますよ!

[ 担当:長 ]
スタッフおすすめ作品:平尾アウリ先生の『推しが武道館行ってくれたら死ぬ』(リュウコミックス)
2016/02/24
【スタッフおすすめ作品】

本日紹介するCOMICZINのスタッフおすすめ作品は
平尾アウリ先生の『推しが武道館行ってくれたら死ぬ』(リュウコミックス)

ファイル 203-1.jpg

マイナーな地方地下アイドル「ChamJam」の人気最下位メンバーの舞菜。
その娘の熱狂的なファンのえりぴよさんの人生を賭けた応援の日々を描く
百合コメディ、見どころいっぱいです!


■嗚呼、すれ違う好意■

バイトで稼いだお金は全て推しであるところの舞菜につぎ込み、
イベントがあれば万難を排して参加する。
まさに人生の全てをかけて舞菜を応援しているえりぴよさん。

でも舞菜から彼女に対してのレスポンスは何だか塩対応で……?

一方、舞菜の方も毎回熱烈に応援してくれるえりぴよさんの事は大好き。
でも、えりぴよさんはこれだけ応援してくれるのに、
何だか重要なところで避けられている……? と感じています。
その引け目と自信のなさが遠慮がちな対応になってしまって……。

お互いに想いは同じはずなのに、些細な誤解や事故が積み重なって、
二人は悲しいすれ違いをしたままなんです――。


■愛に見返りは求めない■

人生を賭けた推しの舞菜から毎度しょっぱい(と感じてしまう)対応を受け続ける
えりぴよさんですが、それでめげたりはしません。
だって好きだから。塩対応も含めて舞菜が好きだから。
好きで好きで好きで仕方ないから。

彼女の愛情は自分のその気持が届くことではなくて、
舞菜が幸せになること。人気が出ること。

「わたしはアイドル頑張ってる舞菜が好きだから――」
「だからわたしのものにって言うかみんなのものになってほしい」

そう言い放つえりぴよさん。自分が一番舞菜を好き、
そんな何があっても好きという強い愛情が支えています。
絶対の愛です。見返りを求めない純愛です。


えりぴよさんを始めとしてChamJamのファンの皆さんは本当に楽しそうです。
お金や時間をどんなに注ぎ込もうが、周囲からどう思われようが
「好き」だから、という唯一にして最強の理由で彼らは「推し」を応援し続けているのです。


■でも愛が強すぎて大変なことに!?■

そんな強い愛でドルオタ道を脇目もふらず力強く歩み続けるえりぴよさん。
でも、愛が強すぎて行動は空回り気味で、時に周囲の目には奇矯に映ることも……。

そんなえりぴよさんの空回る愛と、噛み合ってない想いのすれ違いにより、
その純愛は毎回キレッキレのギャグ展開に。

美しい愛がすっ転んでしまう、笑いの連続です。

平尾アウリ先生の作品を未読の方は、
その繊細な絵柄からシリアスな恋愛モノを想像されている方もいるかもしれません。
いや、もちろん心の機微を描く繊細な作品ではあるんですが、
この「推し武道」はおもいっきり笑える百合コメディなんです。

さあ、この『推し武道』が気になってきた貴方!
『コミックリュウ』公式サイトに試し読みもありますので、まずは読んでみてはいかが?
きっと爆笑の百合世界が貴方を待っていますよ!

◆コミックリュウ 「推しが武道館行ってくれたら死ぬ」作品ページ◆

■COMICZIN 通販ページ(イラストカード特典付き)■
ファイル 203-2.jpg

[ 担当:長 ]
スタッフおすすめ作品:山崎毅宜先生『ほしの女王様』(メテオコミックス)
2016/02/18
【スタッフおすすめ作品】

ZINのスタッフおすすめ作品をおすすめするこのコーナー、
今回紹介するのは、山崎毅宜先生『ほしの女王様』(メテオコミックス)です!

ファイル 202-1.jpg

10年前に異星人との接触を果たしたものの、
特に何も起こらないまま奇妙な共存関係を続ける街。
そんな街から始まるSFアクションジュブナイル!


■日常の終わりと異形のしっぽ■

責任感があるけど、跳ねっ返りで、素直じゃない。
主人公の好意を知っていて、その上でからかってくる。
愛嬌があって憎めない憧れの先輩・葵。

そんな彼女に恋心を抱き、翻弄されつつもしっかりサポートする主人公の鉄。

二人はなかなかに相性の良い、お似合いの二人に見えます。
会話の端々・やり取りから実に青春だなあ、いい関係だなあ――と思っていると。


そんな平和な青春の日々は学校に現れた謎の物体に触れたことで
唐突に終止符が打たれます。


本人の気づかないままに葵の体に現れる変化。
やがて彼女の体には異形のしっぽが!

ああ、憧れの先輩は人間ではない何かになってしまった……?


■ダイナミックなアクション!■

そして葵をめぐっての大立ち回りが始まるわけなのですが。

山崎毅宜先生の前作『白球少女』
何でコメディなのにこんなにダイナミックな構図のアクション連発なの!?
野球しない野球漫画がとにかく動く! というとてもおもしろい作品です。
(こちらも非常におすすめですが今は入手困難なのが残念………)

その山崎アクションが更にパワーアップして展開!

唸りをあげる異形の尻尾、スピード感あふれる攻防、
次々と変わっていくアングル、迫力のアクション。

しなやかで健康的な肢体にグロテスクな異形のパーツ。
異形と融合した彼女はどこかエロティックでさえあります。

葵と、彼女を「駆除」しようとする異形の美少女同士の戦いは
妖しい美しさに満ちています。


■「先輩」は先輩なのか!?■

そんな戦いも終わり――
昨日までの平和な青春の日々は失われてしまいましたが、
常態に戻った葵の不敵な態度なことと言ったら!

ああ、確かに鉄が惚れるのも無理ないわ……という感じですが、
普通の女子高生だったはずの彼女にしてはちょっと不敵すぎやしないだろうか?
こんな突然の非日常の中で、そんな落ち着いていられるものなんだろうか?
果たしてそれは本当に「葵」なんでしょうか?

葵は一体どうなってしまっているのか。
異星人は一体何が目的なのか、そして「女王」とは何なのかという謎。
葵と鉄の恋と運命の行く先はどんなことになるのか。

――などなど、様々に気になる伏線と謎を張り巡らしつ物語は続きます。
ああ、早く2巻が発売にならないかな!


『ほしの女王様』はコミックメテオで連載中。
気になる人は試しに読んでみよう!

◆COMIC ZIN通信販売(イラストカード特典付きです)◆
ファイル 202-2.jpg

[ 担当:長 ]
スタッフおすすめ作品:つばな先生『ホブゴブリン 魔女とふたり』(バーズコミックス)
2016/02/03
【スタッフおすすめ作品】

COMIC ZINスタッフのおすすめ作品を紹介するこのコーナー、
今回ご紹介するのは、つばな先生『ホブゴブリン 魔女とふたり』(バーズコミックス)です。

ファイル 200-1.jpg

■魔女とホブゴブリンの奇妙な関係■
いつも怒ってばかりで、食べ物だけじゃなく木でも何でも食べてしまう森の妖婆バーバ・ヤーガ。
そんな彼女の世話を焼いている暖炉の精霊・ホブゴブリンのポーリーン。

バーバのために食べ物を用意しても、用意できなくても
怒られてばかりのポーリーン、時には首から下を食べられちゃったりも。
全体的にヒドい扱いですが、でも、彼女は楽しそうにバーバの世話をしています。

何だか理不尽ですけど、微笑ましくもあるし、これはこれで一つの親愛の形なのかな……?

■バーバとポーリーンは何者だ!?■

でも二人の関係はこの世界の人たちから見てもやっぱり変なようです。
ポーリーンのお友達になった同じホブゴブリンのイモージェンも変だって言ってます。

そんなポーリーンのところに、王女にかけられた呪いを解くため、
その手がかりを求めて調査隊がやってきます。
ある日を堺にとっても大食いになって性格も変わってしまった王女さま。
なんだかバーバに似ているかも?

そしてポーリーンが持っているペンダントが
王女さまと強い関係のあるようですが……?

呪いをかけたのはバーバ!?
もしやポーリーンが本当の王女さまで、バーバに操られている?
でも、暖炉の妖精として火で燃やされても復活するからただの人間ではなさそう。
そしてバーバを思う気持ちや親愛も単に操られているだけとは思えない何かがあります。

果たして彼女たちは何者なのでしょう!?
謎が謎を呼びどんどん物語から目が離せなくなってきます。

■かわいくて、怖い世界■

そんな彼女たちの謎と関係は読んでのお楽しみとして。

この『ホブゴブリン』では、
鶏の脚が生えた家、ストローのような口の不思議な生物、
空飛ぶ丸太のような生き物、目がたくさんある六本足のトカゲなどなど、
かわいいような、ちょっと怖いようなそんな造形の生き物? たちがいっぱい。

首だけになっちゃうポーリーンもかわいいけれどもちょっと怖い?
イモージェンのご主人様も……これはすごいヤバい存在じゃん!?

楽しい! かわいい! と一緒に不思議さと怖さが同居するキャラクターたち。
そして、明るく可愛いポーリーンたちがお話を紡ぐこの舞台も、
そこには童話の原型が持っているような、ねっとりとした強い恐怖や妖しさも内包しています。

かわいくて、不思議で、ちょっと怖くて。
そんな魅力的な「つばなワールド」をぜひ堪能してください。


今回、単巻で近刊の作品ということでこの『ホブゴブリン』を紹介しましたが、
同じくつばな先生の作品『第七女子会彷徨』(リュウコミックス)や、
『見かけの二重星』(講談社)『バベルの図書館』(太田出版)も、
SF的な要素、ミステリ的な要素を多分に含みつつ
このかわいくてちょっと怖い不思議な世界が味わえます。
どの作品もすごくおすすめですよ!

ファイル 200-2.jpg ファイル 200-3.jpg ファイル 200-4.jpg


■『ホブゴブリン』 通販■

[ 担当:長 ]
スタッフおすすめ作品:伊吹契先生『牢獄のセプテット』(星海社FICTIONS)
2016/01/26
【スタッフおすすめ作品】

こんにちは、COMICZINです。
えらいこと休んでしまっておりましたが、
またここで定期的にスタッフのおすすめ作品を紹介していきたいと思います。
久々の今回は漫画ではなくて、小説作品をご紹介です!

ファイル 199-1.jpg

伊吹契先生『牢獄のセプテット』(星海社FICTIONS)

■舞台はフランス。しかし我々の知るフランスではない■

舞台は1909年のフランス。第一次世界大戦を前にして
ドイツとの緊張が続いていた時代。

しかし――本作ではそのフランスは我々の知る
第三共和政時代のフランスとは少々異なり、
その国内にもう一つの国家を抱え続けているのです。

かつての大牢獄を本拠地とし、防壁によって囲まれた
絶対王政が続く国、通称「閉鎖都市バスティーユ」。

対外的にはその存在を隠されたこの国が本作の舞台なのです。
我々の知る歴史と違うIFの歴史を歩んだこの世界。
このバスティーユの歴史も作中で語られますが、それがまたとても興味深いのです。

そしてその国を支える、人の心に強力に作用する超常の力「旋律」。
列強に一つづつ、貴種のみが有するというその旋律の力を、
バスティーユには8つも存在するという――。

その謎を探るために、主人公であり探偵の碓氷玲人郎は
この閉鎖都市に潜入することになるのです。

■ヒロインがかわい……ポンコツだコレ!?■

その玲人郎のパートナーとなるのが、イギリスから派遣された
「旋律」が通じないというエージェント・アリサ。

最初はデキる女かと思いきや……とんでもないポンコツだコレ!?
フランス語はできない、役立つ知識も特技もない、お菓子を食べて寝てるだけ……。

基本的に役に立たない彼女ですが、マスコット的な可愛らしさを振りまく
作中の癒やしとして大活躍です。
同時にとんでもないトラブルメーカーでもありますが。

(伊吹先生の前作「アリス・エクス・マキナ」をお読みになっている方は
 名前でピンと来るかもしれませんね)

そしてもう一人。
バスティーユ入国後に協力者となる正統派美少女・リリィ。
彼女が何者であるかは伏せますが、
その行動と意志なくして物語が成り立たない重要人物。
その重要さとは不釣り合いな未熟さ・危うさも魅力の一つとなっています。

さらにもう一人――ヒロインと言っていいのか、
ちょっとドキドキしちゃう恥じらいの乙女が登場します!
その一挙手一投足が可憐です!

■目的を同じくする仲間――のハズだけど!?■

そんなヒロインたちと行動をともにしつつ、バスティーユの旋律を探り続ける玲人郎。
しかし彼にはその調査よりも重い目的があります。
バスティーユにいる父を殺した敵・外崎燈子の殺害。
その目的のためであれば手段は選ばないと覚悟を決めている彼は、
その本心を隠して彼女たちとの協力関係を築き続けます。

そしてヒロイン・アリサが抱える、絶対に隠し通さなくてはいけない重大な秘密。
この秘密を抱え続けても事態は悪化する、でも打ち明けたら全てが終わる……
そんなとんでもない爆弾です。

それぞれに後ろ暗い思いを秘めながら、
閉鎖都市の調査は一体どう進んでいくのか――。


興味深い歴史を経て誕生した「閉鎖都市バスティーユ」。
敵国のまっただ中で頼りになるのは少数の仲間だけという緊迫感。
時に癒やしとなり、時に危うさを見せるヒロインたち。

一度読み始めたら引き込まれること請け合い、
伊吹契先生『牢獄のセプテット』、オススメです!

あと、注目ポイントはひじきです。ひじき。

また、伊吹先生は「牢獄のセプテット」外伝のお話も公開されています
こちら、本編を未読でも楽しめるので興味がある方はぜひ!


■通販もありますよ■

[ 担当:長 ]
おすすめ! 『ノラ猫の恋』
2009/12/31
【スタッフおすすめ作品】

さてさて。前回から間が空いてしまいましたが
今回ご紹介させていただきますのは「fellows!」連載中の
長野香子先生の『ノラ猫の恋』。

 蒸発した父親を追って辿り着いた青森出会った娘と、
父親の「彼女」だというオカマ、そこに父親の後輩だという青年が
加わって始まるアンバランスな共同生活。

主人公の父親に対してそれぞれ異なる思惑を抱いた、
住む世界が異なる3人。互いに探り合う微妙な関係ですが、
そんな中で少しずつ出来上がっていく「ちょっといい」絆。
 しかし一方で父親はいったいどういう人物なのか、
娘以外の二人との本当の関係は一体――
などなど、謎も残されたままで緊張感もあって、3人の関係から目が離せません。

キャラクターでは、インパクト抜群のオカマ・清さんに注目。
いろいろな意味でちょっと近寄りがたい雰囲気がありつつも
不器用な優しさと行動力を発揮していて、
最年長者として頼り甲斐のあるような、微妙なような
魅力的な保護者役。本当にいいキャラです。
なかなかいない「いい女」ですよ、本当。

ファイル 157-1.jpg

『ノラ猫の恋』
エンターブレイン ビームコミックス
著:長野香子
2009年12月16日発売

[ 担当:長 ]
少年はいつだって大空を目指す――『リンドバーグ』
2009/12/16
【スタッフおすすめ作品】

皆さんこんにちは、あるいはこんばんは。
12月は面白いたくさん漫画が出て嬉しい半面、財布に厳しくもあって
なかなかに大変でもあります。
財布の中身を気にせず本を買える、そういう人に私はなりたい。

さて。
本日のおすすめの1冊は、ゲッサンで連載中の『リンドバーグ』。

『ガゴゼ』で平安の闇の世界を描いたアントンシク先生の新作は、
一転して空を目指す少年の冒険青春物語。
飛行に関することを禁じられた国で暮らす少年・ニットと
彼のペットの不思議な生き物・プラモ。
閉塞感に満ちたその生活の中に謎の人物・シャークが突然現れ、
空へ向かって運命が動き始める――

父の背中を追って、空に思いを馳せる少年、という
背骨のしっかりした物語があり、魅力的な設定とキャラクターたちが
そこに華を添えます。
話の導き手となっているシャークの、
敵か味方か分からない得体の知れなさが物語に緊張を与え、
空を飛ぶ事のできる不思議な生物「リンドバーグ」の謎、
世界の謎が読者をぐいぐいと引き込んでいくこと間違いなし。

そして、描き込まれた人物・背景、独特のデザインをした船や
リンドバーグの造形など、ビジュアル面での見どころも盛りだくさん。

第1巻で離陸したばかりの物語が向かう先に興味がつきない、
おすすめの1作です。是非に。

ファイル 152-1.jpg
『リンドバーグ』
小学館 少年サンデーコミックス ゲッサン
著:アントンシク
09年12月12日発売

[ 担当:長 ]
仮面優等生と家族の絆 『このこここのこ』
2009/12/10
【スタッフおすすめ作品】

さて。このたびスタッフブログにて
担当者のオススメ作品を紹介していくことになりました。

第一回目のお薦めは、一迅社「コミックREX」連載中、
藤こよみ先生『このこここのこ』。

父親の再婚によってふた組の兄弟が一緒になったことで、
同い年の姉ができ、同じ高校に通うことになった主人公・遥斗。
人当たりいい優等生然としたその姉、実は大変な猫かぶりで――
外面と実際の姿にギャップのあるヒロイン・千紘に戸惑いつつも
「家族」としての絆を少しづつ深めていく様を描いた家族ドラマであり、
また、同い年の女の子との同居コメディーでもあります。

千紘の、優等生という仮面の下に隠された毒のある姿とのギャップ、
さらに時たまちらと覗かせる寂しがり屋の本当の姿が
読む者のハートを鷲掴みですよ。
脇を固めるその他の兄弟姉妹のキャラが
これまた味のあるニクい人たちばかりで。

複雑な家庭環境で育ってきたことことで
心に垣根を作ってしまっている千紘に、
少しづつ、でもまっすぐに近づいていく遥人、
トラブルを乗り越えて距離を縮めて本当に家族になっていく
ふた組の兄妹姉妹の絆にジンときてしまいます。
家族の絆っていいものだな、としみじみ思うのと同時に、
遥斗と千紘の関係がどうなっていくかにも興味津々。
ぜひぜひ、ご一読を。

ファイル 148-1.jpg
『このこここのこ』
一迅社 REXコミックス
著:藤こよみ
09年12月9日発売

[ 担当:長 ]
[ 前ページ 後ページ ]
[ 1 ]